投資の勉強も兼ねることが出来る

住宅模型

ワンルームマンション投資が注目される理由は複数あります。例えば他の不動産投資に比べても少額の資金で始められることでしょう。ワンルームであれば数百万円程度の資金で購入することが出来ます。一部屋購入して貸せば、家賃が数万円程度ながら得られます。アパートやマンション1棟買いでは数千万円程度が相場です。それに比べると10分の1程度の資金で始められます。アパートやマンション経営は敷居が高いと感じる人であっても、ワンルームであれば比較的気軽に始められるというメリットがあります。例えば月に数万円程度の副収入が増えるだけでも、安心して生活することが出来ます。その家賃収入をためていき次の物件を購入する頭金にすることも可能です。ワンルームを増やすこともよいですが、物件の規模を大きくすることもできます。不動産投資に慣れてくるとそのようなことも可能です。ワンルームマンションはこのように比較的少額なので借入金を起さずに、現金で購入することもできます。現金購入であれば管理費や修繕費、保険料や固定資産税を除く手残りが7割程度なので、それをすべてためることも可能です。物件の管理に関しても、一部屋程度であれば自主管理でも回していけます。会社員が副業でするのであれば管理会社に管理を依頼するほうがベストかもしれませんが、専業大家を目指すのであれば、勉強もかねて自分で管理してみるのもよいかもしれません。

ワンルームからスタートを切る人も多い

男女

前述のように不動産投資は大きな金額が動くために、なかなか踏み出せない人が多いです。しかしワンルームならばできそうだと考える人も多いでしょう。つまりワンルームマンション投資は投資のスタートラインになる人が多いのです。ワンルームマンションに住む人は独身の会社員や学生などが多いです。学生や独身の会社員ならば、木造のアパートなどにも炭人は多いですが、ワンルームマンションとの違いは、騒音問題などが少ないということです。木造の築年数の古いアパートならば、住民同士の騒音問題はたまに起こります。しかし鉄筋コンクリートや重量鉄骨造りの丈夫なワンルームマンションであれば、そのような問題は少ないでしょう。このようにワンルームマンションは、立地に注意を払いながら、慎重に探してみましょう。優良物件を見つけるのは最初は難しいかもしれませんが、毎日空いた時間に物件探しをする癖をつけると、良い物件を見抜けるようになるかもしれません。